あそう栄作の“みんな、どげえかえ”

静かに、手を合わせました!

  8月15日(火) 終戦記念日、くもり一時にわか雨

 今日は、終戦記念日でした。護国神社の戦没者慰霊祭に戦没者の孫として、お参りしてきました。
 私は、父も母も戦争遺児です。田舎で農業を営んでいた両方の祖父は、赤紙一枚である日突然、戦場へ赴いた様です。
 私の両親は、いずれも小学生の頃の事なので、その後のこと、どこで、どの様な戦死だったのか?など、生きることに精いっぱいで、殆ど解らず仕舞いだったようです。その父も早逝し、記録として残されている戦没場所の記述も正確性に欠き、未だに、我々孫にも伝えられていません。
 祖父は昭和20年3月10日にフィリピン ルソン島 マウンテン州 キャンプ2で戦病死、母方の祖父は昭和20年8月23日に中華民国 三県省 金県にて戦病死と、護国神社に保管されている戦没者名簿に記載されています。しかし、母方の祖父の三県省は山西省なのか?など、実際の現在の何処なのか?など、よくわかりません。早速、調べてみたいと思います。
 大分県だけでも、44,456柱の栄霊が祀られている訳ですから、その数だけのそれぞれの人生物語があったのだろうと思います。
また、戦争相手国兵士や現地で巻き込まれて亡くなられた方にもそれぞれの人生があった訳です。
 そのことを、思う時、残された遺族の一人として、祖父のことを想い、静かに手を合わせました。
 戦後72年目を迎えた今、もう一度、祖父のことについて、調べ、私の子供たちへ伝えていくことが私の役割ではないかと考え始めました。
 今日の戦没者追悼式の後、戦没者の孫やひ孫が残って、交流をする機会が設けられました。これまでは、私達が、戦争のことについて、聞かされる立場でしたが、遺族の皆さんが高齢になった今、私達が遺族として、次の世代へ戦争のことを伝えて行く番となりました。
 今の時代、この日ばかりに賛成反対と喧騒を極める報道がありますが、今でも、遺族は、護国神社や靖国神社で毎日行われている命日祭に誰かが必ず、お参りされているのです。普段は、静かに手を合わせることが出来るのです。今日8月15日が命日の方もいらっしゃいます。今日も10時から護国神社では、静かに普段通りの命日祭が執り行われていました。我々が、忘れてならないのは、その普段通りの事なのです。
 その普段の何事もなかった人生を赤紙一枚によって、変えてしまったことが問題なのです。
 終戦記念日には、国の指導的政治家や軍幹部などが脚光を浴びた報道がなされていますが、赤紙一枚で徴兵された農家の一兵卒やその家族の人生に触れられることはめったにありません。その後の時代でも、集団就職によって、大都会に労働力を集結させ、過疎化が進行し、地方の担い手不足が深刻となると、Uターン、Iターンと言って、移住促進を進めるやり方は、時代が移り変わった今の世も、指導的立場の超エリートと呼ばれる方々の意識改革は出来ていないのかもしれません?日本人の「失敗の本質」を考えさせられた一日でした。

早朝5時台のお見送り!

 8月14日(月) 専売特許の日、くもりのち雨
 
 ポーランド、アンゴラ、スェーデン、ロシアからハンドボール関係者をお迎えして、スポーツ庁の委託事業を実施した怒涛の5日間の最終日の朝は、4時に起床し、ホテルに5時に出向き、チーム関係者をお見送りさせて頂きました。
 両チームは、福岡空港からそれぞれ2度の乗り継ぎで帰国の途に就くとのことでした。お盆休みの渋滞を考慮して、早朝の出発となりました。厳しい予算の中でのチーム招聘のなか、本当にアスリートのタフさには感服させられた怒涛の5日間となりました。
 早起きしたので、私は事務所に出て、溜まっている仕事をこの盆間にやり遂げたいと思います。依頼原稿の締め切り間時かなものの4本ほどあり、一度仮眠をとって、今日中に仕上げたいと思います。
 尚、今年の初盆のお参りは、この様なスケジュールの為、控えさせていただくことをご容赦願います。
 海外の皆さんとのコミュニケーションに流石に、疲れましたが、久々に心地よい疲れです。シンプル イズ ベスト!を再確認させられた5日間でもありました。今後の活動に活かしたいと思います。
 

国際交流は、音楽とダンスが大事!

 8月13日(日) 函館夜景の日、晴れ

 スポーツ庁の委託事業「女性アスリートの育成・支援プロジェクト」の最終日の今日は、おりひめジャパン対ポーランド代表の試合がありました。
 この事業は、2020東京オリンピックをめざすターゲット世代を中心とした国際レベルでの経験の少ない女性アスリートに対し、世界トップレベルでの実践機会とアスリートの資質向上のための教育機会を創出すると共に、女性アスリートを取り巻く課題を関係者と共有し、視点、意識の変化を促す取り組みを含めた、包括的な事業を実施することを通じて国際競技力強化に資することが目的です。
 充分にその意義を果たすことが出来たと確信しました。
 今日は、運営カンファレンスを毎日して頂いたスウェーデンからお見えのモニカさんとラースさんご夫妻を午前中、高崎山自然動物園と柞原八幡宮にご案内させて頂きました。生後一か月のお宮参りの神事にも遭遇しました。赤ちゃんざるの可愛いしぐさに、ご案内申し上げた私も楽しませて頂きました。
 午後1時からの日本代表対ポーランド代表戦は、実力に勝るポーランドが高さを活かした攻撃で快勝しましたが、随所で日本代表の光るプレーも観ることが出来ました。会場には、今年の盆明けの全国中学生大会で日本一をめざす原川中学女子ハンドボール部の生徒が、応援ダンスと掛け声で場を盛り上げてくれました。
 大会終了後、サイン会も実施、大会運営関係者へのモニカさんの最後の反省を行うカンファレンスもあり、本当に内容の充実した事業となりました。
 この事業には、東京から2019年のラグビーW杯を控えるラグビー協会の方々や日本スポーツ振興センターなどの関係者もたくさんご参加いただき、今後のネットワーク構築も出来ました。
 夜は、大会参加選手、チーム関係者などとフェアウェルパーティーで、交流を深めました。予算的にも厳しい中、ホテルの方が、日本らしさにこだわった竹灯篭による照明や折り紙をテーブルに配置するなど、細やかなご配慮と工夫を頂き、和やかな雰囲気でパーティーがスタートしました。女子高校生と小学生の女の子による詩吟と剣舞のアトラクションは、海外チーム選手に大いに受け、後で、会場のあちらこちらでの写真撮影会となりました。
 女性アスリートと言えども、皆さん、ストロングビューティーの若い女性なので、音楽にもこだわりがあり、パーティー会場では、アンゴラの音楽リクエストがあり、流し始めると長い大会期間中のストレスを発散するかのように、皆が歌い踊り始めました。これで、一気に盛り上がり、ポーtランドや日本のミュージックをかけ、舞台上でダンス合戦となりました。国際交流には、言葉が通じなくても、音楽とダンスは共通であることを痛感させられました。選手が、大分の良い想い出を作ってくれたものと信じています。
 今後の国際大会では、国旗・国歌は勿論、参加国のアスリートが好むミュージックやダンスの事前リサーチと準備も欠かせないと痛感しました。(笑)
 2019年に熊本で開催されるハンドボール世界選手権や2020年の東京オリンピックに向けて、事前調整など、大分に呼び込むための課題もたくさん見つけました。関係者と協力して、しっかり準備に取り組みたいと思います。
 

プロフィール

Eisaku Aso

昭和37年1月20日生
自然派自由農業者
大分県議会議員
>>詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索