fc2ブログ
あそう栄作の“みんな、どげえかえ”

公共交通網の危機!

11月28日(水) 鶏の日、東京〜晴れ 大分〜雨のち曇り

今日も、県議会自民党会派の要望活動で、文部科学省、財務省、経済産業省、法務省を廻りました。
この活動、私が県連政調会長時代から、はじめました。当時、自民党が下野している時代に全く何もないところから一から積み上げての活動でした。地方の声を届ける活動でしたので、下準備にも大変苦労していました。今は、政権党でありスムーズな活動が出来ており、隔世の感があります。問題は県行政の代弁だけに止まっていないか?お役人にはない政治家としての大局観が含まれた内容となっている部分も加味されているか?その内容です。
来期以降は、じっくり、中央官僚の皆様が本音で聴きたい地方の声をいかに届けるか?班編成し、一箇所一時間かけられるような時期と設定など工夫を加えられると尚、良くなりそうです。
ところで、午前中の中央省庁での活動を終え、帰県し、そのまま佐賀関でありました会合出席のため、大分駅からJRの電車で幸崎駅まで参りました。そこで、タクシーが有るものと思っていましたが、無くて電話すると、30分待ちとのことでした!路線バスの接続もそれ以上待ち時間がありました。鉄道とバス事業者が連携しているとは思えません。
一緒に降りた高校生3人のうち、男の子は自転車で帰って行き、2人の女の子は保護者が車で迎えにきていました。これが公共交通網の実態です。過疎化が進むはずです!移動手段を持たない免許不所持の若年層や免許を返還した高齢者にとっては、住みづらい環境に違いありません。これが、県議会答弁で、「全国に誇れる公共交通計画」の実態ですから、大銀ドームの大渋滞のようなことも発生してしまうのでしょう!本気で、怒り、改善します。

プロフィール

Eisaku Aso

昭和37年1月20日生
大分県議会議員
(第73代大分県議会議長)
>>詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索