あそう栄作の“みんな、どげえかえ”

政治不信の結果?

 7月 3日(月) 波の日、晴れ

 今朝は、昨晩からの東京都議選での自民党惨敗のニュースばかりだった。
 予想通りと言えばそうなのだが、問題は築地市場の豊洲移転問題などについて、都議会での意志決定プロセスが見えてこないことだったのだろう。論点整理と、判断基準となった前提条件、意見集約結果及び残された課題も都議会からは聞こえてこなかったように思う。首長とボスでのズブズブの関係の中での密室政治だったことへの政治不信が招いた結果だったのかもしれない。
 傑出したリーダーが首長として君臨していると、議会のチェックも機能せず、権力に擦り寄り、利権のおこぼれにあずかろうとする輩に対する小池知事の鉄槌が有権者の支持を得たのだろう!
 それに、中央政府が今回の選挙戦に全面に出て、介在し過ぎたことは、東京都と言えども、『中央政府の東京営業所ではないぞ!』と言う想いを都民が示したともいえる。
 地方自治体は、あくまでも中央政府や各省庁の出先機関や支店ではないという気概が有権者の政治不信と重なって大きなうねりとなって現れたことを重く受け止め、今後の政治活動に邁進したい。
 

プロフィール

Eisaku Aso

昭和37年1月20日生
自然派自由農業者
大分県議会議員
>>詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索