あそう栄作の“みんな、どげえかえ”

開幕まであと、500日!

5月24日(水) ゴルフ場記念日、雨

今日で、第33回国民文化祭・おおいた2018及び第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会の開幕まで500日となった。
さて、今日も、私は県議会総務企画常任員会の県内所管事務調査。
今日は、日田を出発し、宇佐市安心院町矢畑の深見地区まちづくり協議会におじゃまして、くらしの和づくり事業について、四日市の葱屋おおくぼで昼食ののち、北部振興局並びに中津県税事務所で幹部職員と意見交換、その後、豊後高田市観光まちづくり株式会社の方と、県北3市による震災風評被害対策観光PR事業についての成果と今後について情報交換させて頂いた。
それぞれの現場において、開幕まで500日の節目を迎えた国民文化祭の準備状況や盛り上がり状況を伺った。市町村現場は人手不足、県の出先機関は関与の仕方に苦慮中!と、いう事実も判明。組織体制を含めた産みの苦しみを共有する時期になってきたようだ。
そうした中、メガイベントに向けた隠れた地域資源を掘り起こしたアートツアー商品開発など、かつて、私が一般質問でも取り上げた三菱総研などが活用しているインバウンドのカスタマージャーニーマップ手法を用いたシンクタンクへの委託調査なども視野に入れ、取り組みスピードを速めたい。

プロフィール

Eisaku Aso

昭和37年1月20日生
自然派自由農業者
大分県議会議員
>>詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索