あそう栄作の“みんな、どげえかえ”

東九州自動車道の4車線化促進を!

5月17日(木) 自然保護の日、晴れ

今日も情報収集などに県下をを廻った。朝8時前に大分ICを出発、竹田、豊後大野、佐伯、臼杵、大分、別府に行った。
中九州道路や東九州道路を利用した。いずれも、暫定2車線区間。中九州道は、先ずは、全線開通を急いでいる。一方、東九州道路は、全線開通したものの、暫定2車線区間から、4車線化の動きがピタッと止まってしまっている。
今年の連休期間中の通行量は、凄かった!今日も、随分、多くの車両が通行していた。暫定2車線区間の4車線化の基準は、日量1万台と言うから、大分から佐伯までの区間は、直ちに、格上げ着手しても良さそうである。
会計検査院も「暫定2車線の高速道路による損失は巨額である。」と指摘している。対面通行による正面衝突事故による損失は、ここ10年で300億円以上。速度制限が70km/hと低いことによる損失額も算出している。
こうした会計検査院の指摘を追い風にして、県を挙げて4車線化運動を展開したいものだ!どうも最近、新幹線ばかりに注目が集まっているが、この重要案件への取り組みも、忘れてはならない!

プロフィール

Eisaku Aso

昭和37年1月20日生
自然派自由農業者
大分県議会議員
>>詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索