あそう栄作の“みんな、どげえかえ”

『魔法の言葉!』

  4月12日(水) 世界宇宙飛行の日、パンの記念日、晴れ

 桜の花が咲き誇って、始めて温かい快晴の一日となった。
 今日は、中学校入学式に出席した。これまで以上の引き締まった素晴らしい入学式だった。
 学校の玄関でまずビックリ!、高校の同級生が教頭として移動、赴任していた。
 控室での来賓に対する説明も黒板に板書され、行き届いた準備がなされていた。子どもたちへの教え方もきっと判り易いだろうと思えた。
 式辞で、校長先生からは、「人にしてもらって嬉しいことを人にしましょう!」「凡事徹底!」と言う二つの『魔法の言葉!』が示された。
 そこに秘められたメッセージは、新入生には勿論、在校生、そして教職員、さらには保護者や地域の皆様へ、教育に懸ける熱い想いが込められ、私の心にも響いた。強く伝わったと確信した。何よりも、「何々してはならない」的否定語が先に来ることもなく、生徒自身の能動的動機づけに繋がる言葉の力を感じた!
 次に、祝辞を述べたPTA会長さんも、校長先生の言葉に呼応し、「凡事を積み重ねることを期待する!」と『積み重ね』を強調された。在校生代表の歓迎の言葉も新入生代表の誓いの言葉もとても具体的な行動や実践についての内容だった。
 その上、新入生を迎える歌や校歌斉唱といった「声を出す効果」や「音楽が持つ誰にも共通する力」も再認識させられた。
 会場に居たすべての人たちに対する『動機づけ』の入学式だったともいえる!今後に、大いに期待したい。

プロフィール

Eisaku Aso

昭和37年1月20日生
自然派自由農業者
大分県議会議員
>>詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索