あそう栄作の“みんな、どげえかえ”

北野大湯会奉行は、海部郡臼杵6万石の福原直高だったて知ってた?

 4月 6日(木) 城の日、北極の日、コンビーフ記念日、雨

 昨日、本屋で良い本を見つけた。『おおいたけん謎解き散歩』!春の行楽シーズンに、これを持って出かけると楽しくなりそう!
 また、この本は、国民文化祭大分大会に関わる全ての人には、一読しておいて欲しい必読書。
 この中に表記タイトルの様な記述を見つけた。臼杵6万石が与えられた福原直高って、石田光成の娘婿だったらしい。しかも、彼は、秀吉が行った北野大湯会の奉行だったというからこれにもビックリ!
 国民文化祭大分大会のテーマを「大茶会」とネーミングされた方や関係者の中で、この事実を知っていた人はどれほどいたのだろうか?こうした歴史を深堀しておかないと、軽薄なイベント倒れになりかねないと危惧している。
 そう言う意味でも、この『おおいた謎解き散歩』を県・市町村の国民文化祭関係者の皆様には是非読んで、情報共有して、地域の歴史や文化特性を活かした素晴らしいアイデアをお出し頂きたいものだ!

プロフィール

Eisaku Aso

昭和37年1月20日生
自然派自由農業者
大分県議会議員
>>詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索