あそう栄作の“みんな、どげえかえ”

文学座の俳優!

 2月 8日(水) 事始め、〒マークの日、ロカビリーの日、晴れ

 朝から、市議選の準備打ち合わせ。
 10時から、東九州新幹線シンポジウムに参加。基調講演で、いきなり講師から「女性参加者が少ない」と、指摘を受けた。「スーツ姿の男性しか、新幹線を望んでいないのか?」から、スタート。これまでの新幹線と、これからの新幹線について、その役割や課題などについての問題提起の宿題を頂いた。
 夜は、大學同窓異業種の同世代間勉強会に出席。「新劇の東大」とも言われる文学座の俳優になっている椎原克知君も帰県中で参加した。彼は、JALグループに就職後、文学座の研究所を受け、合格。それ以後5年間のふるい落としにも生き残り、現在21年目の俳優。そろそろ大ブレークして欲しいと願っているニューヨークブロードウエイ留学で語学表現も磨いたグローバルな逸材。
 国民文化祭大分大会などでも力を発揮してほしい。そんな情報交換もさせて頂いた。将来が楽しみだ!

プロフィール

Eisaku Aso

昭和37年1月20日生
自然派自由農業者
大分県議会議員
>>詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索