あそう栄作の“みんな、どげえかえ”

向いていない?

 11月17日(木) 将棋の日、晴れのちくもり

 今日は、午前中、地震被害等を受けた実家の件で、庄内まで各種手続きの書類の提出などに行った。
 昼に、葬儀に参列。
 午後から、各種相談等。
 来週には、第4回定例県議会の上程議案の発表がある。
 一般質問の準備をしようにも、上程議案もまだ正式発表されず、提案理由説明を聞く前に、起草なんて出来ないし、そんな質問は意味をなさないので、時間との勝負となる。
 それにしても、つくづく自分には議員が向いていないと感じざるを得ない。上程予定議案についての情報が入るたびに、怒り心頭!
になることが多すぎる。特に最近。お役所の皆さんと私の思考回路が違いすぎるのだろうか。
 親父から、公務員にだけは絶対なるな!との遺言の意味が、最近、その本質が見えるようになった。
 最近、今の立場で、お役所との仕事を続けることが虚しくなることが多くなってきた。ここでは書かないが・・・!
 12月議会において、上程議案を否決、訂正議案を出せるような準備をする覚悟がいるかもしれない。議員は、常にその覚悟で、議案のチェック機能を果たすことが求められている。

プロフィール

Eisaku Aso

昭和37年1月20日生
自然派自由農業者
大分県議会議員
>>詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索