あそう栄作の“みんな、どげえかえ”

議員は、「こき使うもの!」

 7月14日(木) フランス革命記念日、晴れ

 どんよりした雲も多かったが、青空が覗いた。ただ、まだ梅雨明けにはなりそうにない。
 今日は、朝から各種相談等の来客や県庁に登庁しての各種報告等を聞く一日となった。
 ところで、今回の選挙期間中にも、候補者の中には、「当選させてこき使ってください!」と言っている東京の候補者の声が耳に焼きついた。地方議員も国会議員も「こき使われて」なんぼ!!
 じゃあ、誰がその議員をこき使うか?有権者がこき使う訳だが、直接行政に携わる市町村議員は、直接住民や自治会長等からこき使われることが栄誉。県議会議員は、その市町村議員や選挙区の行政のトップである市長等からこき使われることが栄誉。では、国会議員は、その県議会議員からこき使われることが栄誉だが、県選出国会議員が行政のトップである県知事からどれだけこき使われているか?また、知事自身がどれだけ県選出国会議員をこき使いこなしているか?
 今日は、そんなことも考える一日であった。得意分野等影響力のある国会議員パワーをフルに最大限活かしきれているのか?
 もっと、各種議員をこき使おう!キャンペーンを張ろうかな!
 そう言いながら、早速、選挙期間中は大変そうだったからと言って、遠慮されておられた方々が、地域や現場の課題や問題について、続々と相談にお見えになり始めている。盆前まで、県内くまなく、声を聞きに回らなければならない。既に、スケジュール満載。しっかり、こき使われそうだ!(笑)
 選挙の際に、「議員は、皆の力で当選させ、こき使うもの!」とあちこちで言ってしまった成果かも!こうして、双方向の政治参加が実現する!負けを決して、無駄にはしない。

プロフィール

Eisaku Aso

昭和37年1月20日生
自然派自由農業者
大分県議会議員
>>詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索