あそう栄作の“みんな、どげえかえ”

県議会最終日、閉会。

 6月29日(水) ビートルズ記念日、雨

 今日も朝から激しい雨の一日となった。
 県議会が始まるまで、早朝から、参議員選挙個人演説会のご案内に数軒伺った。
 毎日、動員動員が続いている。私は、その後県議会最終日の本会議及び特別委員会。
 本会議では、参議院選挙では共闘している共産党と社民党、民進党所属県議の議決行動に注目した。共産党提出の請願について、社民も民進も賛同しなかった。省察が違うことが明らかになった。それでも、共闘???そんなことが許されるのか?
 選挙だけの為の共闘であることが浮き彫りになった。衆議院と違って、参議院は6年間の議席を託すことを改めて考えて欲しい。
 また、人口減少の中で、大分の声を届けるには政権党の代表が必要だ。今回初めて、四国と山陰で合区選挙区が出現したが、大分県も他人ごとではない。危機感を持って、今度の選挙で、何が何でも議席を奪還しておかなければ大変なこととなる。

プロフィール

Eisaku Aso

昭和37年1月20日生
自然派自由農業者
大分県議会議員
>>詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索