あそう栄作の“みんな、どげえかえ”

クリエイティブ産業への挑戦!

 3月 3日(木) 雛祭り、桃の節句、晴れ

 今日の県議会は、今年度補正予算案を本会議で可決し、代表質問に入った。
 本会議に入る前に、国道210号線の横瀬区間の新規着工報告が入った。昨年の期成会に於いて、ネジを巻き、要望活動を活発化していた。大分市内の渋滞解消策がまた一歩進む。
 ところで、今日の我が党の代表質問に対する知事の答弁に、いくつか注目した。
 「シニア雇用推進オフイス」を開設、「おおいたAFF女性ネットワーク」、「豊後・米仕上げ牛」、「ふるさと大分ネットの創設」、「生活習慣等の大規模な実態調査の実施」、海洋科学高校に「機関コース」の設置などに、特に注目した。今後の一般質問や予算特別委員会での審議で詳細についての報道も増えると思う。
 ところで、「クリエイティブ産業への挑戦!」について言及があった。しかし、従来からの継続事業などに於いて、クリエイティブな事業構築の工夫は見受けられない。今度の予算案の最大の問題点かもしれない。
 前任期中、知事自身、多選批判に対しての危惧を自ら述べられていたが、県庁幹部の上から目線での前例踏襲主義的な部分が顔を出さないよう、我々議会がしっかりチェックする必要がありそうだ。

プロフィール

Eisaku Aso

昭和37年1月20日生
自然派自由農業者
大分県議会議員
>>詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索