あそう栄作の“みんな、どげえかえ”

自然栽培・無農薬・超新鮮な餌で育った絶品ジビエ料理!

 1月29日(金) 人口調査記念日、雨

 午前中、警察学校の初任課研修生の卒業式に出席。
 厳しい研修期間を終了して、凛々しい姿に感動した。
 県民にとって、何事もなく平穏な暮らしを日々積み重ねることが、一番の安心。
 しかし、何事もなくと言うことが「有り難い」こと。必ず、何かが起こるもの。
 そうした中、県民の安心の最後の砦として、その「有り難き」任務を「誇り」として、各警察署への辞令交付を受け、現場の最前線で職務に精励する警察官として巣立った。頼もしい卒業生の活躍に期待したい。
 昼に、議会に戻るとJCの後輩たちが、県議会の副議長室にあそびに来た。ここでも可愛い後輩たちの意欲に感動し、刺激を受けた。
 北陸出張の有った今週、留守をしていた分の仕事を、午後から一気に行った。
 夜は、議会事務局秘書班の新年会。ジビエ料理に舌鼓を打って、今年も頑張ろう!と、意識の共有を図った。
 とても上手に処理された猪肉と鹿肉の料理は絶品だった。県下一の美味しいお米の産地の一つである私の実家周辺で捕れたという猪の餌は、人間と同じだから美味いに決まっている。(笑) 
 だれか、人間様と同じ、または、それ以上の美味しい新鮮な餌で育った猪などのジビエ料理専門店を出したら、行列店間違いなし!!

 

プロフィール

Eisaku Aso

昭和37年1月20日生
自然派自由農業者
大分県議会議員
>>詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索