あそう栄作の“みんな、どげえかえ”

「ファンサービス!」

 12月23日(水) 天皇誕生日、雨

 天皇皇后両陛下のご健康と皇室のご繁栄を心からお祈りいたします。

 今日の新聞朝刊に、昨日の県議会10大ニュース発表記事が載っているか気になって探したが、何処にもなかった。
 今日は、トリニータを運営する大分フットボールクラブの社長人事記事ばかりだった。
 ところで、再建途上のJ3クラブ社長の報酬は、どの様な基準で定められるのだろうか?興味津津!初のJ3だからなおさら。
 実際は、県庁職員の身分だから、当然、大きな報酬ギャップが生じるはず。それをどのように埋めるのか?そこも、県出資法人として、多くの県民の皆さんの支援を求める上で、開示されてもよさそう。注視しておきたい。
 また、昨日の記者会見では、「ファンサービス」についての言及がどこからも聞こえてこなかった。プロスポーツクラブの運営は、興行でもあり、「ファンサービス」の姿勢が経営上最も重要な項目の一つ。一番のファンサービスは、勝つことかもしれない。しかし、ここ数年の凋落ぶりは、すべての面での「ファンサービス」の視点と姿勢があまりにも欠けていたことが、その原因の一つに挙げられる。
 会社経営には、社員や選手、株主やサポーターとの一体感が欠かせない。特に、県出資法人としての県民への説明責任という特殊事情をも果たせることが経営者に求められる。それを実践できる組織体制づくりが急務となる。甘い経営分析では、同じ過ちを繰り返すことになる。県庁職員の中にも、中小企業を支援する中小企業診断士などの資格を持つ経営指導員もいる。この際、そうした力を総動員して、検証を進め、営業力強化も含めた抜本的経営改革を期待する。目標指標を「ファンサービス」の観点から公表し、県民とも共有し、実践の上、目標達成をめざして欲しい。
 それには、「県民会議」と「株主総会」のメンバー及び役割や責務も含めて、今のままで良いのか?検証の上、整理しておく必要もありそうだ。
 

プロフィール

Eisaku Aso

昭和37年1月20日生
自然派自由農業者
大分県議会議員
>>詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索