あそう栄作の“みんな、どげえかえ”

感性を磨くプロピアニストの生活!

 12月17日(木) 歳の市、羽子板市、くもり

 県議会も終了し、会派の調査会視察に行く予定だったが、議長も副議長もいないのでは、危機管理上問題なので、私が辞退し、残った。
 当初予定はなかったつもりが、みっちり仕事をすることとなった。
 年の瀬も押し迫り、皆さん、忙しく動き回っているようだ。
 そして、師走らしく、急激に寒くなった。山の方では、雪が降った。
 夕方、大分駅前北口広場で、ピアノデュオ・ディゾンネ、宮崎兄妹が演奏するというので、本場ドイツのクリスマスソング演奏を聞きに行った。寒風が吹きすさぶ中、とても寒かった。私は、ホットワインを飲みながら、聞いた。演奏する二人は、指がかじかんで大変に違いないが、笑顔で素晴らしいデュオならではのハーモニーを醸し出していた。ピアノの音色に、クリスマスイルミネーションが駅前を飾って、寒い中にも温かい笑顔が溢れた。
 演奏後、2人と焼き鳥屋さんとワインバーで、ドイツの難民事情や治安、ヨーロッパの芸術やプロレス事情等に花を咲かせた。
 若手ピアニストのお二人は、デュオ部門としては唯一の兄妹でのドイツ国歌演奏資格者らしい。他のデュオは、姉妹の双子が多いらしい。それだけ異色で、評価も高いに違いない。朝は、5時から起きて毎日、長時間の練習を欠かさないらしいが、年の内一ヶ月間は、全くピアノから離れる時期を持つという。感性を磨くプロの生活に驚かされることばかりだった。
 この様な2人には、是非、大分とヨーロッパとの芸術分野での懸け橋となって、活躍して欲しいと期待している。
 国民文化祭大分大会やW杯ラグビー大分大会開催期間中に何か面白い音楽コンサートを仕込めると良いなと、秘かに私は企んでいる。(笑)
 

プロフィール

Eisaku Aso

昭和37年1月20日生
自然派自由農業者
大分県議会議員
>>詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索