あそう栄作の“みんな、どげえかえ”

「下町ロケット」の影響?

 12月14日(月) 四十七士討ち入りの日、くもり

 今日は、久々に副議長公務の少ない日となり、朝から党務。
 自民党県連主催の大量のセミナー券のお願いに回った。既にほかの議員などの訪問後となり、苦労しそうだ。
 昼前に副議長執務室にて、明日の元気創造会議について、議会事務局と事前打ち合わせ。
 ここで、昨晩見たTVドラマ「下町ロケット」の影響か、「これは本当に県民が求めているのか?」「県民や困っている人に希望や夢を与えることになるのか?」[そうした優先順位となるのか?」等について、議員が議論するにふさわしい資料となっているのか?といったやり取りをしてしまった。
 これは、特別委員会の在り方や新たな議員提案政策条例についてを議論するに当たり、事前の提示資料の準備段階でのやり取り。本質議論に持ち込むのに、いつも苦労する。
 県民が求めている訳でもないのに、議員提案政策条例を作らないのは、議員の能力がないからだ!との批判にさらされ、それを否定することが目的の様になっていないか?我々の役割は、条例を作ることなのか?それとも届かない声を届けることなのか?など、本質を追究する議論からはじめ、一歩一歩積み重ねて県民が求める期待に応えれば良い。改選後、少し落ち着いてきたこの時期に、腰を据えて取り組みたい。
 午後からは、自民党衆議院議員一区支部のセミナーを聞いてきた。金美鈴さんの「物事の道理のわかっている大人がしっかり、家を守ることが大事」「地域もそうだし、国もそうだ!」の様な話に共感した。
 夕方事務所に戻ると、もろもろの相談が入っており、連絡の一報。年末も押し迫ると、いろんな相談も舞い込む。
 今晩も忘年会!張り切って行こう!!

プロフィール

Eisaku Aso

昭和37年1月20日生
自然派自由農業者
大分県議会議員
>>詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索