あそう栄作の“みんな、どげえかえ”

国体ハンドボール競技少年男子優勝祝賀会!

 12月12日(土) 戸次川の戦い(大友軍への援軍である豊臣軍対島津軍)の日、カーバッテリーの日、晴れ

 今日は、戸次川原の戦いの日。毎年、地元の方々が、429年の年月を経た今も慰霊祭を催行されており、私も参列した。
 例年議会開催中だが、今年は土曜日だったので、参加できた。
 今年は、戸次 佐柳のお寺の住職が、当時、屍やけが人の対応を住民がしたことからお寺も焼き打ちに合う中、不安がる住民の為に、島津軍の幹部に「死者や傷者に敵味方なし」と説いた感動秘話を披露した。
 最近では、援軍として土佐から来た長曽加部のご遺族や薩摩の関係者も訪れるようになっている。
 「合戦まつり」が年々盛大になってきた背景にはこの様な地道な取り組みがあることを多くの皆さんに知らせる必要がある。この慰霊祭は、「地域の誇り」である。こうした取り組みを「日本遺産」認定に繋げると良い。
 午後からは、県外の友人を中心に年賀状を手書きで書き始めた。政治家は、年賀状を出せないようになっているが、選挙区外は別。また、返礼の年賀状は許されており、毎年送って下さる方への準備も始めた。日本人の節目にすべてを白紙に戻し、新たなスタートを迎える習慣は大事にしたい。今年頂いた年賀状には、「選挙頑張れ!」といった、激励が添えられており、しみじみと見入った。ありがたい。
 夕方からは、国体ハンドボール競技少年男子チームの優勝祝賀会を県協会主催で開催させて頂いた。
 大学に進学する選手もおり、どうしてもこの年末の時期となってしまった。ただ、選手すべての進学希望者の進学先大学が推薦で決定しているようだったので、二重の喜びとなった。この中から東京オリンピック選手が誕生すると良い。
 2年生の選手からは、力強く、連覇宣言もあり、追われるものの苦しさにも言及した指導陣の発言もあり、また、来年が楽しだ。

プロフィール

Eisaku Aso

昭和37年1月20日生
自然派自由農業者
大分県議会議員
>>詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索