あそう栄作の“みんな、どげえかえ”

今日から一般質問!

12月 7日(月) 神戸港開港記念日、大雪、晴れ

昨夜も、日曜日だったが、忘年会。
今日は、大雪。雪が激しく降りだす日とされているが、穏やかな日だった。
今日から県議会は、一般質問。質問者の質問項目を見て、仰天!
県出資法人の経営状況報告もあったトリニータを運営する大分フットボールクラブに対する質問項目が誰もない。昨日の試合結果を受けて、どちらになっても質問する者がいるだろうと勝手に思い込んでいた。この様な事実も含めて、今季、降格してしまったのは、こうした「無関心」が原因に違いないと確信した。
後は、10日の県民会議がどうなるかだ。以前の県民会議の際、当日急に、トリニータを支援する議員連盟会長である議長から事務局長の私に代理出席を求められたことがあった。事前の意見集約もないまま、一任を取り付けているわけでもなく、発言のしようもなかった事があった。そこで、今朝、議長の出席確認と、必要なことがあれば緊急招集などの事前意見集約の指示をお出し下さいと、議長に求めた。
ところで、今日の一般質問の注目点は、農林水産業振興計画の「産出額目標」が、「創出額目標」に変わっていたこと。これまでの「産出額目標」には、自家消費分もカウントされていた。今度の「創出額目標」では、直接払い金などの交付金まで、算入しており、大きな変わりように驚いた。以前との比較がわからなくなっている。農林漁家の所得向上が目標だが、それにつながるシンプルでわかりやすい目標指標の設定が必要。しかし、相変わらず、農協や漁協、森林組合と県や市町村が情報共有できる目標指標には程遠い。行政や各関係団体の経営指導員も他人事ではない当事者意識を持った目標額として共有できているか?正直、困惑しているのでは?トリニータと同じように、関係者にとっても「無関心」な「目標額」では無意味極まりない。自らの必達目標の積み重ねでなければならない。常任委員会での深堀議論に期待したい。
夕方からは、教育関係者との意見交換会に参加。今週も忘年会や会合が続き、明日の議会の進行のため、早めに切り上げた。

プロフィール

Eisaku Aso

昭和37年1月20日生
自然派自由農業者
大分県議会議員
>>詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索