あそう栄作の“みんな、どげえかえ”

読書の秋

9月6日(日) 妹の日、晴れのち雨

相変わらず、雨が降り続いた。一旦晴れたのだが、すぐに降り始めた。
昨日も、帰宅が遅くなったが、どうしても見ておきたい映画があり、朝一番に大分駅ビルのシネマへ。
「日本のいちばん長い一日」を観てきた。まず、映画のチケットを自動券売機で購入しようとして、空き席と購入済席を勘違い。始まり時間ギリギリだったので、焦った。
この映画に対する色々な批評を聞いているからか?少し視点を変えてみた。竹田出身の阿南惟幾とその妻が登場するシーンに注目した。
天候不順のため、運動不足が重なり、体調不良のため、映画の後は、本屋に行って、大分では今日発売の「正論」と、芥川賞受賞作が掲載されている「文藝春秋」特別号を購入して、久しぶりに家にいた。
疲れがたまっていたのか、本を読み始めて爆睡してしまった。
読書の秋、最近、読みたい本も多い。本で楽しみたい年に私もなってきた。

プロフィール

Eisaku Aso

昭和37年1月20日生
自然派自由農業者
大分県議会議員
>>詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索