あそう栄作の“みんな、どげえかえ”

国の補正予算編成は?中央要望活動!

  7月14日(火) 検疫記念日、フランス革命記念日、求人広告の日、東京晴れ、大分くもり一時雨

 8:00  自宅発
 8:30  大分駅前から経路が短縮されたエアライナー(空港バス)発
10:25  大分空港発
11:55  羽田空港
12:40  参議院会館、カレーの昼食後、県選出国会議員と要望の打ち合わせ
14:20  自民党本部 要望
15:20  農林水産省 要望
15:50  厚生労働省 要望
16:30  文部科学省 要望
18:00  県選出国会議員との意見交換・交流懇談会
19:50  羽田空港発
21:15  大分空港到着
22:20  大分駅前着
22:40  帰宅

 自民党県議団による国に対する政策提言及び要望活動に上京した。
 私が県連政調会長に就任して以来、この時期の恒例行事となった。国会も県議会も開会中だが、それゆえに中身の濃い情報収集ができた。ただ、昨年までは、政調会長として、事前準備に一週間ほど、徹夜に近い形で大分の県民の声を届ける為にプレゼンの準備などに没頭したが、今回はお役を外れ、少しばかり、気楽だった。新役員に委ね、発言は控えたつもりだったが、中央省庁から県に出向して頂き、頑張っている副知事をはじめとする職員や、以前、大分県庁に出向して成果を残された本省職員への感謝の言葉だけは、忘れなかった。久々に本省でお会いした方々と言葉も交わすことも出来た。
 特に文部科学省では、宿題も頂いた。宿題を解きながら自らも学んでいきたい。
 各省庁、20分ほどで、大分県が抱える課題を表現するプレゼン能力を同僚皆で磨く研修の必要性も感じた。
 中央省庁の官僚が一番求めているのは、最前線のそれぞれの地域の現場で起こっている実状情報だ。それをどうタイムリーに伝えるか?私自身、意識して磨く努力をしたい。
 ところで、この春の統一地方選挙の際に、総合交通網の再構築についてを公約に掲げ、早速取り組み始めている。今回日帰り上京で、空港行きバスエアライナーのバス事業者間のエリア圏域の関係で、遠回りしていた経路がこの7月から完全改善され、往復ともに時間短縮が実現したことが確認できた。また、空港の利用時間が少し遅くまで延長されたことによって、最終便羽田発が20:00近くまでとなった上に、最終の空港からのバス・エアライナーの料金が500円で乗れることにも驚いた。空港の利用促進策として、セット割引が活用されていた。
 ところで、今回の政策提言では、財源の確保策が厳しいようで、今後の補正予算の動向を含めて、県の事業展開について、他都道府県に取り残される危機感を痛感させられた。
 自民党本部では党幹部より、「知事は一緒に来てないの?地方創生時代、知事が頑張らないとね。」との重い声も寄せられた。
 

 

 

プロフィール

Eisaku Aso

昭和37年1月20日生
自然派自由農業者
大分県議会議員
>>詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索