あそう栄作の“みんな、どげえかえ”

学ぶことの多い一日。

3月15日(日) 靴の日、雨

今朝は、石田昌弘参議院議員と朝早くお会いして、医療看護現場の課題に対する国会の動向の最新情報を交換。
潜在看護師75万人に対する働くきっかけ作りや早朝短時間など、限られた短時間での働き方の実践事例などについても、意見交換した。
その後、別府に移動。
JC時代の友人が経営する会社の創業15周年記念祝賀式典に出席。早期定年退職後の創業挑戦は、並大抵なことではないにもかかわわらず、何事もなかったように、今を迎えている経営手腕は凄い!アクティブシニアの底力に敬意を表すばかり。地方創成もアクティブシニアの力が必要。
午後からは、大分1985ロータリークラブの創立30周年記念式典に出席。そこで、芥川賞作家小野正嗣さんが、ここのロータリークラブのロータリー財団奨学生だったことを始めて知った。この奨学金で、フランス文学を学びにパリに留学したという。今日も小野さんからお祝いメッセージも届いていた。
夕方には、対話集会。本音の議論で盛り上がった。
夜には、息子が帰って来て、「父さん、選挙用名刺くれ!」と、言って、友達などに応援を頼んでくれるという。嬉しかった!また、元気が湧いてきた。

プロフィール

Eisaku Aso

昭和37年1月20日生
自然派自由農業者
大分県議会議員
>>詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索