あそう栄作の“みんな、どげえかえ”

ミラノ万博に大分からも出展!

 3月 4日(水) ミシンの日、サッシの日、三線の日、晴れ

 県議会は、議案調査日。
 議案調査の合間に、選挙準備。
 今週末、事務所開きを予定している。恐らく、私が候補予定者の中で、最後だろう。議会に、選挙と、ハンドボールの国際大会準備と気が狂いそう!(笑)ロータリーの地区大会については、仲間が助けて頂いており、感謝するばかり。
 それで、今日は事務所の周辺の皆様に、開設準備のあいさつ回り。
 天気も良く、暖かかったが、町内会だけでもまだまだ廻りこなさない。
 夕方からは、全国すし連九州ブロック大会が別府であり、歓迎の言葉を述べに行って来た。
 そこで、すし職人さんの名刺の驚いた。なんと、名刺入れに小さな寿司が載っていた。本物と見間違った。(笑)
 あいさつを終え、夜のある定例勉強会に出席。大分在住の唯一の在外公館大使経験者にお会いできた。しかもミラノ総領事館勤務も経験されているとのことだった。今年、食をテーマにしたミラノ万博に大分県からも出展を予定しているとのことなので、ミラノで何が受けるのか?どの様なアプローチが必要かなど、今度じっくり聞いてみたい。
 ミラノでの出典予定は、わずか一週間らしいので、いかに成果を出すか?が、問われる。食材と共に竹かごなどの工芸品や国東のい草七島イでつくる和の空間なども一緒にどうアピールするか?日本一のおんせん県おおいたが世界に羽ばたくきっかけになればいい。そのきっかけのネットワークを手繰り寄せたい。

プロフィール

Eisaku Aso

昭和37年1月20日生
自然派自由農業者
大分県議会議員
>>詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索