FC2ブログ
あそう栄作の“みんな、どげえかえ”

響き合う創造

11月14日(水) 青函トンネル起工式の日、晴れ

今日は、少し東京で、ゆったりした時間を過ごさせて頂き、大分に帰ります。
常宿のホテルには、欧米人や日本の修学旅行生が多く宿泊していたので、東京スカイツリーや富士山を眺めることのできる朝食会場も静かでしたが、浅草界隈は、相変わらず、アジアからの観光客も多く、賑わっていました。
午前中、浅草の「まるごとにっぽん」、全国の自治体の出店するアンテナショップの様子を伺って来ました。2階の「大分温泉座」には、足湯もあり、温泉入浴剤や温泉化粧水などに特化したサラヴィオ化粧品研究所の店を激励してきました。
午後からは、上野公園の東京都美術館の日仏友好「パリ東京文化タンデム2018」として、パリのクリエーターたちが京都で制作した作品を紹介する、アトリエ・ド・パリ主催の素晴らしい展覧会「響き合う創造」を観てきました。美術館では、「ムンクの叫び」が来ておりましたが、以前観ていたのとあまりに長い行列で、3時間待ちには耐えられませんでした。
国民文化祭開催中の大分より、ずっと多くの方々が、上野界隈で、文化と芸術の秋を楽しまれていました。
それに対し、大分は、「人と神、人と自然の距離が近い土地、都市の暮らしに疲れたら訪れたい場所、おおらかな時間や人間関係が流れている居場所、伝統的な儀礼と先鋭的な現代アートが同居し、クリエーターが時空を超えた新しい大きな流れが生まれる」そんな県と言えます。
まさしく時空を超えて「響き合う創造」の可能性を秘めた大分県であることを再認識させられた一日でした。

都道府県議会議員研究交流大会のKPIって何?

11月13日(火) 漆の日、雨のちくもり

今日は、都道府県議会議員研究交流大会に久々に参加させていただきました。
東京の都市センターで開催され、18回目を迎えました。私自身も数年前に、パネリストを務めましたが、その時、私は研修の内容よりも、大分県への視察受け入れに結びつくPRを私自身のKPIの目標設定と位置づけ、発表を行いました。結果、対前年比数倍の都道府県議会の視察受け入れ実績に繋がりました。
ところで、今回の基調講演は「自治体戦略2040年構想と地方自治」がテーマでしたが、主催者である全国都道府県議会議長会としてのKGIやKPIの設定議論過程すら見えない曖昧なものでした。地方の歯止めのかからない人口減少など、その危機感もなく、「真の地方自治を目指して」〜議会人の 議会人による 議会人のための 研究集会〜のお題目は名ばかりで、地方自治を食い物にする学者と東京の会場やイベント受託会社のためのセミナーの様な印象を受けたのは、私だけでしょうか?
都道府県議会は、所詮、学芸会!上程議案の追認機関に過ぎないとの有権者の批判に対して、上程予算議案の修正や否決件数もある意味、こうした研究集会の成果指標の一つになるのか?有権者が求める成果について、どの様な意見集約や提案が行われているのか?など、KPIやKGI、CSFなどについて、議論するだけでなく、成果を出す研究大会でなければ、税金の無駄遣いをチェックする側、税金を活かした使い方を提案する側の議会自らが無駄使いをしてしまいかねないと反省させられた一日となりました。
東京スタンダードからの脱却には、まず開催地を地方持ち回りに改革するところから、始める必要が有ります。
また、地方制度改革に関して議論する政府第三者委員についても政府御用達学者ばかりでは、現場の危機感や当事者意識は伝わりません。そうした委員の選任についても、議長会として本気で声を上げていく必要もありそうです。

「うまくいっている会社・いない会社」の見分け方!

  11月12日(月) 洋服記念日、雨

 週が明け、雨の一日となりました。涙雨でしょうか?
 今朝は、3日間の空白がありましたので、その処理に追われました。
 昼は、ロータリークラブの例会に、快進撃を続ける大分トリニータを運営する㈱大分フットボールクラブ経営改革室長 神村昌志さんをお招きして、「うまくいっている会社・いない会社」~何が違う?その見分け方~と題して卓話をして頂きました。3年前に、大分トリニータがJ3に降格した後に、経営のてこ入れに招かれた方です。フロントの立場から、経営の安定とクラブの成績を両立させる難しい課題に立ち向かいながら、会社を堅実に改革しています。あまり表に出ていませんが、彼がいなかったらトリニータは存在していないかもしれません。彼は、私のリクルート大阪支社時代に、武庫川の寮で一緒に過ごしていた時期もありる優秀な後輩です。トリニータの経営再建に心強い味方です。この御縁にも感謝です。
 会議の様子を見れば、うまくいっている会社・いない会社はすぐに見分けれるそうです。『その会議は、ゴールという結論を出しているか?会議のやり取りも、上司と部下などでのパス回しだけで、シュートを打ってゴールしているか?ゴールをめざす前向きなパス回しになっているか?バックパスや横パスばかりでは、ゴールは生まれない!では、どうやって改善するか?読書会を実施、決めたテーマの同じ本を読んで集まり、何ページの何行目の何処に共感した。それを私は仕事に この様に活かしたい。との発表から、メンバーが前向きに業務改善に結びつく提案をする。つまり、結論を出す会議の練習を始めた。』など、『サッカーの様にフロント業務も改善しよう!』と成果を上げ始めているそうです。選手がピッチで戦うなら、フロントもJ1ビッグクラブの運営会社に負けないように選手のプレーをを支える会社経営をめざし、闘い始めています。J1に定着するスポンサ―企業の確保等、来季の戦いも既に始まっています。
 先ずは最終戦、どんなことがあっても勝ち残らなければなりません。
 17日土曜日には、山形まで応援行ける方は、現地へ!行けない方も、大分銀行ドームが13:00開場予定、14:00キックオフでのパブリックビューイングが行われます。是非、足を運んで大声援を山形に送って頂ければ幸いです。

プロフィール

Eisaku Aso

昭和37年1月20日生
自然派自由農業者
大分県議会議員
>>詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索