あそう栄作の“みんな、どげえかえ”

人を大事にし、人を育てるには?

  5月26日(土) ラッキーゾーンの日、雨のち晴れ

 昨晩も、各種総会続きで、少々ばて気味です。今日も総会や年度替わりの人事異動による歓送迎会や反省会等目白押しです。
 ところで、今日のある総会において、将来ビジョンを描くに当たって、歴史を紐解き、その時代を生き抜いた英傑を検証することが大事であると訴えられた会長さんがいらっしゃいました。大分市の各地域で将来ビジョン会議が設立され、長期計画に反映されるそうです。その中で、歴史的遺産について、ハードは検証しているらしいのですが、人についての検証は行われていないと言います。
 鹿児島の「西郷どん」のように、人にスポットを当てることは、ストーリーも生まれ、地方創生のまち・ひと・しごとづくりに深みが増します。人を大事にし、人を育てる意味でも、私達が暮らすこの土地で生き抜いた歴史上の人物の顕彰は欠かせない課題と言えます。

地元企業による新規事業立ち上げ支援の必要性!

  5月25日(金) 広辞苑記念日、食堂車の日、晴れ

 今日も県議会商工労働委員会の県内所管事務調査として、豊肥地区に伺いました。
 県外から立地して頂いた食品加工会社、空き家をリフォームしてのユースホステル形式の移住体験型宿泊施設、豊肥振興局、企業局の判田浄水場等に参りました。
 振興局では、各所属長の自己紹介の際に、KPIを併せて、一言で報告頂きました。地域特性に基づき、もう一歩、数値目標を踏みこんで言及して頂けると良くなりそうです。地域の現状の厳しさは、半端なものではありません。その危機感や気概が伝わるようになれば、我々の使命も終わります。
 本日は、食品加工会社が、直営農場において、播種、栽培、収穫を明確に作業を分け、工夫して作業効率を上げるための見える化に成功していることが印象に残りました。うちの母も野菜作り名人ですが、播種から芽を出すまで、栽培管理も上手なのですが、収穫量は知れています。農家のそうした名人たちが苦労しているのは、種苗の植え替えや収穫作業です。そこに目を付けた農福連携も含めた若い力のある作業者の確保による効率化をデータベースで管理していることに注目しました。
 県外からの企業立地に学び、地元企業の食品加工分野への新規参入にも期待が寄せられます。しかし、県外企業への立地補助金と同じように、地元企業の新規事業参入への補助金はないようです。食品加工業を戦略産業の対象としていないことが原因らしいのです。大分県の野菜畑という地域では、食品加工業は、戦略産業分野に違いありません。戦略産業分野が、県下一律である必要はありません。振興局ごとに、定めることがあってもよさそうです。検討を求めておきました。
 確認しましたところ、豊肥振興局管内では、地域牽引企業に認定された企業はまだ存在していないとのことで、企業の育成の必要性について、リーサスの分析から指摘されています当該地域の産業構造及び産業集積の課題から重点特化した育成をめざすことも必要と思いました。

現場で活躍する女性!

5月24日(木)ゴルフ場記念日、晴れ

今日は、所属する県議会商工労働委員会の県内所管事務調査として、佐伯市上浦町ののクロマグロ養殖場、南部振興局及び佐伯高等技術専門校、さらにロボット産業参入に挑戦する企業及びその工場、最後に地域産品のネット販売に挑戦するアンテナショップを視察させて頂きました。
今回、地域の商工会議所ならびに商工会の経営指導員さんなどにも同席して頂いて、短時間ではありましたが、商工労働委員会の事務調査として、関係者をつなぐスキームにお役に立てたのでは無いかと、思います。
県庁の関係機関は、最も頑張っている先進事例を視察させてくれます。しかし、普段、我々に届く地域の実態は、、町村合併時から人口の減少に歯止めがからず、1/4減少したという厳しいものです。担い手不足など、その困っている方の実態を正面から対峙し、見える化し、住民に伝えていくことが欠かせません。地域で暮らす住民や事業者自身が当事者意識を持って、危機感を抱かなければ、改善の動きも鈍いままになりかねません。
頑張っている先鋭・先進的企業経営者に、地域牽引企業へのチェレンジを諦めずにして頂きつつ、周りの零細企業に刺激と夢を与え、地域全体の底上げに結びつけることが重要です。全ての分野において、二極化が進み、格差が拡がっている事を痛感させられました。
そんな中、豊後水道でクロマグロの養殖や蓄養の現場やロボット産業のモノづくり現場で頑張っている女性たちの姿が印象的でした。現場に無くてはならない戦力として、職場の底力を発揮していました。
まずは、そうした女性たちの活躍の場を提供されている経営者と旧来の考えから脱皮できずにいる経営者の意識の格差から埋めていくことも求められています。

プロフィール

Eisaku Aso

昭和37年1月20日生
自然派自由農業者
大分県議会議員
>>詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索